読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芳香族化合物の配向性

芳香族の配向性に関して一番大事なのはどこが一番電子がたまっているかを考えること。電子が多いところほど求電子試薬と反応しやすい。

さて、これを個々で見ていくとどこが反応するかを推測できる、そしてメタ配向性なのか、オルトパラ配向性なのかを考えていくことができる

更に芳香族に二つ供与基がついた場合も考えなければならない

どちらの方がより強い供与基なのかをしっかり押さえて勉強していくとよい

この辺はまた今度